考えさせられる言葉

2021年07月25日
常々口にしている言葉なのですが、出来ない言葉を聞きたくない
出来る方法を考えろという言葉が僕の言葉であり
自分自身にも言い聞かせている言葉です。
同じような言葉が有名な作家も言っています。
今は「ないもの」について考える時ではない。「今あるもの」で
何が出来るか考える時である。
確かにあれがないから出来ないとか様々な言い訳じみたことを口にする。
今ある道具でしか戦えない。今いる人でしか出来ない。
では今の人間で何が出来るか?1日何本製造できるのか?
手順として何が出来るのか?漠然と作業に取り組み本当にわが社で安全対策を
取りながら、限界数値は何千本作れるのか?そして商品の絞り込みはしていて
生産性の高い製造計画と自社分析は出来ていてその内容を従業員に伝え落とし込んでいるのか?
常に感覚的な発想で、お客様より商品の発注を受付製造が追われる。
そして無理な体制で製造を行うから事故を起こしてしまう(ミス)
やはり自社の現状分析をしっかり行い取り組む。
これこそが従業員に一番必要な事でしょう。
毎日苦しい思いをしているのかもしれません。
しかしこの苦しみを前向きにとらえればいい事であり、神様はきっと乗り越えられない
試練は与えていない。僕にチャンスを与えてくれているのだと考えるようになれました。
昨日は家族でゆっくり過ごし、父の墓参りに行きのんびりと過ごしました。
今日は写真撮りという仕事があり高山からカメラマンの友人と、新しく時間を過ごす
知人との食事会です。
何事も修行でいつか役に立つと思えば悩みや苦しみは消滅する・・・
今与えられている現状を見つめ日々を修行と(練習)と思って取り組んでいれば
通り過ぎた時は笑い話や、違う世界が見えてくるはずです。