本当に久しぶり

2021年06月10日
何日ぶりかのブログを更新します。
かれこれ1か月位入力していないブログ
多くのお客様より心配のメッセージを受け感謝しております。
家内の部下もいつも見ていてくれる人もいるみたいで
うれしくも思っています。
何より忙しいことは良いことであるのですが忙しすぎるということは
本当に困ってしまいます。
新しい体制を作ろうと必死に取り組み、原料の確保から工場の内部にわたり
毎日少ない従業員とともに必死で頑張っています。
何より強固な製造体制が整ってきていることは実感として感じています。
人からすると多くのベテランが退職することは企業としてよくないことであろうと思うのですが
今回、わが社がとった方法は未来に向けた行動であったと感じています。
来年度の新卒も2名採用ができ大阪での営業スタッフも揃い、経験者ばかりが集まってきてくれているのです。
有能な管理部長、工場長、営業、情報発信スタッフ、商品開発スタッフが集合してくれ
今まではすべての指揮を僕がしなければわが社は回らなかった。
今は、「管理部長の指示に従って」というだけでよいのです。
営業部隊は、過去の取引から自分たちで割り出し、教えもしてないのに自分たちで規格書を仕上げてくれる。
見積り書も値上げを今回するのですが一覧表をみて作ってくれている。
「社長は工場と商品開発に取り組んでくださいと」
今までの体制は何だったのでしょうと自分の力のなさを反省と、力不足をしみじみ感じています。
今のスタッフは一番長い人で3年半、後はまだ3か月以内の人ばかりなのです。
それがこのオーダーをやり切り、今までよりも格段に速いのです。
それは僕の指示していることを忠実に守ってくれるからです。
新しい取り組みをしようとすると、古い人たちはそこの場所に入れなくなっていく。
今わが社は変革ではなく改革を実行しているようにも思います。
僕が指示しなくても皆で考えて実行している組織はきっと強いです。
これからどんどんと変化していくわが社が今は疲れ切りますが未来が見えてきています。
改めて従業員の頑張りに感謝しています。