苦しみ

2021年04月20日
特に最近考える事が多くなってきました。
生きているうえで苦しい事は本当に多いと思います。
その苦しみを乗り越えた時に喜びも大きく、自分自身が成長という
場面があり次のステップに向かっていくのでしょう。
ここで僕が思う事ですが、その苦しみは自分が進むべき道で起きる問題であり
苦しみなんでしょうか?
自分自身が選んだ道であるならばそれは苦しみという表現より起こるべくして起きている
ただの問題ではないかという事です。
苦しみとは暗闇のような状況であり迷路にはまり込んだ状態なのでしょうか?
苦しい事は、乗り越える為の試練という楽しみではないのでしょうか?
全てが自分で決めたことで起きている現象に過ぎないのではないでしょうか?
だから今僕は苦しいという言葉を使うより楽しみがやってきたと考えるように
なってきました。
人という組織の中で育った環境が皆違うのです。
同じ考えで動き出す事はないでしょう。
その中で少しでも多くの仲間に賛同してもらい事を進めていくのです。
少しの人しか集まらなければ自分自身が悪い。もしくは日々の努力が足りないのか?
それならば自分を磨くすべを身に着ければよいだけの事です。
全て自分の問題があるんだという事をしっかりと落とし込み、学べばよいだけの事です。
皆が同じ考えを持ってほしいという事ではなく、働きアリの原理ですよね。
違う人がいる。そして価値観が違う。
悩みと違い、苦しみは自分の蒔いた種。
経営という道を選び進んでいるのだから沢山の問題があるに決まっている。
それを苦しいとか、疲れただとか言っても全て自分の問題です。
そう考えると何だか少し楽になり、問題解決をする為には勉強をすればよいのです。
勉強しても解決できない事も確かにあります。
しかし、頑張っていれば誰かがチャンスやヒントを日常で送ってくれているはずです。
そのチャンスがない人は努力が足りないという事であろうと思っています。
今までの自分は苦しいとか、経営は難しいとか、人が育たないとか言って無責任に
逃げて愚痴を言っていただけなんだと思っています。
未熟な事で逃げている自分がいる事に最近気づいています。
もっと笑っていられる時間を作り出す事が、自分の成長と心得るように今努力をしています。