父の日

2021年06月21日
昨日は父の日でした。子供たちが着やすい軽めに洋服を買ってくれ
ケーキと我が家の恒例、手巻きずしで「お父さんいつもありがとう」と
優しい言葉と中学生の娘よりありがたい手紙を頂きました。
夜はさほどの感動がなくありがとうの言葉で済ませていましたが
朝いつものように3時に起床して改めて内容を読むと涙が止まりません。
「頑張り屋のお父さんいつもありがとう」気遣いにいつも感謝しています。
という言葉にジーンと来ました。
これも家内のおかげであるとつくづく実感しています。
子供たちだけでこのようなことをできるわけでもなく、出張が多い僕を
いない時も「お父さんの事を話してくれる」だからこそ子供たちにも
大事にされていると思うのです。
改めて優しい子供たちと家内に感謝するとともに言葉と態度と感謝を込めて
家族全員にありがとうと伝えます。
父ではないが母親からもビール1ケースをもらい昨日は久しぶりの休みという事もあり
ビールを沢山飲みました。

(^^♪

助けてくれる仲間

2021年06月20日
人生捨てたものではないと最近思う事が大いにあります。
こんな僕にでも真剣に力を貸してくれる仲間がいるのです。
取引先においてはある意味当たり前の事であるでしょう。
友達や家族は応援してはくれていると思いますが、それ以外の仲間が
最近では沢山いてくれているのだと感じています。
お金にもならない話を聞いてくれて相談にのってくれている方々。
恩返しをしたいといつも考えているのですがそんな力が今の僕には無いのです。
今日がある銀行の支店長。
ふらっと来ては社長元気・・・と声をかけてくれる。
売上が上がっている時はお金がいるからいつでも行ってきなさいといつも言ってくれた。
信用も実績ないこの会社に信用貸しをしてくれた。
事務所を引っ越した時には真っ先に大きな観葉植物を担いで持ってきてくれた。
今のその時の顔を思い出してしまいます。
時間を割いて勉強会や、従業員の面談を何にも求めず行ってくれた商工会議所の
当時の担当者。
何も求めず陰で支えてくれてくれました。
僕を育ててくれたわが社の現会長。
可愛くも思っていない事は十分に当時から理解をしていたのですが
僕がくらいつき色々な事を学ばしてくれたのです。
この3人がもし僕の人生に表れていなければ100%今の僕はありません。

あまりお金にはならないのに飛騨高山から来てくれる僕の友達のカメラマン。
3年後の会社の事を相談にのってくれている専門家。
幼馴染の友達わが社を今支えてくれている元従業員。
この3名はこれからのわが社にとっての支えです。
いつも言う言葉です。
今の自分の頑張り以上の出会いはない。
動けば誰かと出会う、そしてチャンスは必ず訪れている。
そのチャンスを物に出来るかどうかが人生の分かれ道。
必死で頑張っていればそこに必ず大きな出会いがあると僕は信じています。
こんな僕にも多くの仲間がいる。
助けてくれる信頼できる人たちに囲まれている。
絶対に裏切らないという強い気持ちと、目標達成を念頭に従業員の将来を考え
(これは自己満足なのか)
改めて自分の行動に信念を持ち取り組んで行こうと決めています。
僕に出来る事なら、この人たちの為に必死に取り組んで行きます。
本当に仲間の存在に心打たれています。

明日も超多忙な一日となりますが結果を求めていきます。

日曜日

2021年06月20日
今日は久しぶりの休日です。
会社で一人事務仕事に取り組めています。
新しいスタッツフも増えて行きこれからが本当の意味で大変なのかもしれません。
マニュアル作りやシステム化、従業員教育や役割り分担。
取り決めたルールがなぜ守れないのか?
人がいないからと必ず言う。
50年生きてきて本当に思う事、忙しい時に出来ない事は暇になっても絶対に出来ない。
これにつきます。
人のせいにする、時間のせいにする。これは出来ない自分への慰めなのでしょうか?
性格的な物でしょうか?
出来る人間は、又信頼されている人間には必ずチャンスが訪れる事は間違いありません。
出来ない人間ほど言い訳ばかりするものです。
しかもいい加減。・・・
こんないい加減な人がいるからこそ、自分の仕事をきっちりする人が評価されていくのですね。
当然比べるものがあるからこそ良い悪いの判断も出来てくるのです。
人の事は陰で色々というのもこのタイプの人間でしょう。
しかし、言い訳ばかりする人も必要なんですよね。
こんな人には幸せ何て訪れないとわかっているけど可哀そうにも思えて仕方がない。
今までの自分を振り返り、よく働いてくれる従業員も沢山いました。
物忘れが激しい僕でもはっきりと名前を思い出すことが出来るのです。
そんな従業員をうまく従事させれなかったこともまず、反省しなくてはいけないのです。
企業でリストラを行ったことが以前の会社でありました。
結局状況を判断して退職していくのは優秀な部下たち。
残ってくれるのは可もなく不可もなくの従業員。
残る従業員は行く当てがないから・・・優秀な人材は別の企業からお誘いがかかる
これだけの事です。
朝昼晩とアルバイトをして働き、給料は23万円。
ずっと恵まれる事もなく働き続けていくのでしょう。
人所で必死で働き自分の特性を生かして働けばもっと楽な人生を送れるのになあと考えてしまう。
人のふり見て我が振り直せです。
僕自身が今日より生まれ変わり自分の人生を見つめ直そうと考えています。
僕自身の人生だから。

原料がありません。

2021年06月19日
2年前より売り上げも順調に推移し注文も巣ごもり需要のため
沢山のオーダーをもらえるようになりました。
そのために原料は前年にストックをしてるのですが、今では今年の
製造分が全くなく、土曜日の製造がない日でも朝から晩まで人参、玉ねぎの加工を
汗びっしょりになりながら今日も作業をやっています。
原料は天気に左右され、収穫が一気に集中してしまいます。
加工はできるトン数が決まっています。
一次加工をいくら頑張って行っても限界があり、在庫として抱えるまでにはなりません。
本当に困っています。
しかもコロナにより農家さんが売れないパパイヤを作るわけにもいかず原料が全くないと
いう状態です。
当然お取引先にもご迷惑をかけてしまうような欠品状態で頭を下げるしかないのです。
これも社長である私の責任であることに違いはなく申し訳ないと思っています。
原料はない、注文は沢山いただく、無責任な人は考えた注文を受けなくてはというのですが
そんな予測はどうやって立てるんだと僕は言いたい。
一従業員が勝手なことをいうだけの話でそこには何の責任もなく、暇でも給料がもらえるという
従業員の勝手な判断でしょう。
忙しすぎると事故の心配もある、忙しい事を考えて従業員を採用しておかなければならない。
仕事もないのに、いつ注文が入るかわからないのに必要以上の従業員を雇えるのか?
それが優秀な企業の考えることか?それで暇だから解雇をするのか?一従業員はそんなのは経営者が
考えることという。
いい加減な話である。
しかし、単純な話でないことは十分に理解をしています。
こんな悩みと、原料がないこと、製造が追いつかないこと、従業員が今はまだ育ってないことを
含め今正念場であることに違いはありません。
僕には明るい未来しか見えていませんが(^^♪・・・

兵法の教え

2021年06月19日
兵法とは現在の世の中に適していることも多く、大事な教えは
「戦わずして勝つ」という事を説いていると思います。
戦いを挑む時は相手を十分に知ることが勝つ第一歩。
又、自分の兵に対して褒美を取らせるという事も大切。
様々事が書かれているのですが、「良兵に勝る多兵なし」という言葉を
僕は耳にしたことがあります。勘違いかな?
多くのただ集めた兵よりも、優秀な兵が少なからずいたほうが勝利を
収める戦い方である。
このように僕は記憶をしているのですが・・・
これを僕は組織の中でも考えているのです。
たくさんの従業員がいるよりも、少人数でも優秀な仲間が3人組織にいれば
組織は成長をするのではないかと・・・
その部署を仕切る人がきちんとしていれば組織は成長する。
任せることができる。
それがなければいつも経営者が口を挟まなくてはいけない。
こんな組織は成長もしないし、経営者の力以上の結果は生まれてきません。
人の力を借りて信頼しあい、そして目標達成に向けて皆?というより役割分担の中で
皆が力を注ぐ、このようなことが大切であり組織を成長させるのです。
取引先の皆さんよりいつも言われていることですが、「社長がいなければ話が全く進まない」
とか「社長がいなければ融資はありません」とか・・・
「社長としか話ができないとか」わが社はまさしくこの内容です。
最低な企業に僕がしてきているのです。
毎日工場の作業に追われ、仕入れを行い、加工に汗を流す。
展示会に行って商談をして見積りサンプルの手配。
何から何まで社長自らが行う企業になっていました。
しかし、すべての責任は僕にあり僕の力のなさです、最近は激しく疲れています。
新商品の発売、試作、規格書作成、新商品の落とし込み。
お客様にもご迷惑ばかりをおかけし、本当に申し訳ない状態が続いていました。
月曜日よりは大阪より営業社員が研修に入り、しっかりと打ち合わせを行い頑張ってもらい
新しい管理者も入社し、新卒者も2名採用も出来ました。
新しい部署の立ち上げ準備もでき様々な分野で事が進んでいます。
僕は前しか向いていません。
新しいスタッフも頑張ってくれています。
しかも不安なことかもしれませんが、7月からはすべて新人スタッフのみでのスタートです。
新人でも製造ができるシステムを構築できるよう取り組んでいくことができるようにすることが
僕の仕事です。
会長、管理部長、工場長、長年経験を積んだ営業スタッフ、新人の事務担当
SNS情報発信スタッフと今までにない体制ができてきました。
これから先には工場内はすべて管理部長に任せ、営業は会長にお任せして、僕は新商品開発
OEMの製造計画、そしてオペレーションの組み立てによるスムーズな製造計画を作り上げ
より生産性の高いカンパニーを作り上げていきます。

企業の大切さ

2021年06月10日
何もかも社長がやらなくては会社が動かないという考え方は間違っています。
しかし今まではそうでした。
僕は勘違いをしていました。
人を育てるというのは本当に難しい。
社長がいなくても会社が順調に回ることが望ましい。
そんな体制が理想であり目指すべきところです。
新人ばかりのわが社ですが、オペレーションを簡素化して
すべての行為がシステム化されてなくてはいけない。
シンプルオブベストが良い会社だと思います。

本当に久しぶり

2021年06月10日
何日ぶりかのブログを更新します。
かれこれ1か月位入力していないブログ
多くのお客様より心配のメッセージを受け感謝しております。
家内の部下もいつも見ていてくれる人もいるみたいで
うれしくも思っています。
何より忙しいことは良いことであるのですが忙しすぎるということは
本当に困ってしまいます。
新しい体制を作ろうと必死に取り組み、原料の確保から工場の内部にわたり
毎日少ない従業員とともに必死で頑張っています。
何より強固な製造体制が整ってきていることは実感として感じています。
人からすると多くのベテランが退職することは企業としてよくないことであろうと思うのですが
今回、わが社がとった方法は未来に向けた行動であったと感じています。
来年度の新卒も2名採用ができ大阪での営業スタッフも揃い、経験者ばかりが集まってきてくれているのです。
有能な管理部長、工場長、営業、情報発信スタッフ、商品開発スタッフが集合してくれ
今まではすべての指揮を僕がしなければわが社は回らなかった。
今は、「管理部長の指示に従って」というだけでよいのです。
営業部隊は、過去の取引から自分たちで割り出し、教えもしてないのに自分たちで規格書を仕上げてくれる。
見積り書も値上げを今回するのですが一覧表をみて作ってくれている。
「社長は工場と商品開発に取り組んでくださいと」
今までの体制は何だったのでしょうと自分の力のなさを反省と、力不足をしみじみ感じています。
今のスタッフは一番長い人で3年半、後はまだ3か月以内の人ばかりなのです。
それがこのオーダーをやり切り、今までよりも格段に速いのです。
それは僕の指示していることを忠実に守ってくれるからです。
新しい取り組みをしようとすると、古い人たちはそこの場所に入れなくなっていく。
今わが社は変革ではなく改革を実行しているようにも思います。
僕が指示しなくても皆で考えて実行している組織はきっと強いです。
これからどんどんと変化していくわが社が今は疲れ切りますが未来が見えてきています。
改めて従業員の頑張りに感謝しています。