海外の話(続き)

2019年12月06日
先ほどの続きではあるのですが、生き残れることもあると感じています。
我社はジャカルタに拠点を置いて従業員を教育して、オーストラリアや
ニュージーランド、韓国、中国、台湾、ベトナム、シンガポールと
様々な国に輸出をすることを決めています。
従業員も2名ほど採用方向で検討しており十分な体制を作り上げ
取り組んで行きたいと考えています。
現状、私たちが取り組んでいる展示会への参加で取引が始まっても
利益につながる事はあまりないでしょう。
海外を積極的にねらっていない企業様が、注文が来たから出荷すると
いう考えだと送った分だけは売り上げにつながるでしょう。
しかし、継続的な販売にはつながらないので、訪問したり、営業したり
試食販売をしたりと経費を使わなければなりません。
又、日系スーパーはフェアー事に来てくれという要請を受けます。
行かなければ切られてしまいます。
絶対ではありませんが、今のやり方では大多数の中小零細企業は海外販路開拓は
厳しいのではないかと僕は感じています。
しかし9年間やり続けていますので少なからず僕にも方法があるので
進めていきたいとは思います。