環境

2021年09月19日
先日の台風14号について気象庁は初めて台風が福岡上空より上陸したと
報道がありました。
小さい時は高知は台風銀座とまで言われた県でした。
しかし今はどうでしょう?
和歌山から上陸、東京に上陸、東北から上陸とどんどん北上しています。
海水温の上昇から起きている現象ですね。
局地的豪雨とか最近の雨の量も半端なく、自然災害も数多く発生して
不幸な事も多く発生しています。
地球そのものに温暖化が進み、沈没する国や被害が益々増えてきて
食物にも大きな影響を及ぼす事となるのでしょう。
本当に危ない時代になってきました。
我社が取り扱う野菜の原料も近い将来手に入らない状況に陥ると思っています。
野菜のパウダーを使用する方法とかありますがあまりにも高くなりすぎる。
景気が良くなり個人所得が大きく増えて来るとはいいがたい状況であり
政府が言う個人所得を上げるという施策は税金を取る事、デフレを脱却させることで
経済の循環を良くしていこうというのですが社会保障費の増額分だけでも
かなりの経費増ですよね。
しかも自然災害により活動をする自衛隊への予算(専守防衛を基本に)
外国人労働者、外国人研修生が多く入国をする事での警察への費用増加
決して外国の皆さんが日本で働く事で事件が起きるという事ではありません。
ネット社会による誹謗中傷への取り締まりも強化しなくてはいけなくなるでしょう。
環境という大きな変化が求められている世の中ですが
未だに便利ばかりを要求しているのは僕たち国民ではないでしょうか?
不便があったからこそ便利が誕生してきたわけですが、もう一度自分たちの生活を
考え直す時が来ている事は間違いありません。
暑すぎる毎日だからクーラーをガンガンかける。
室外機から出る熱風。
電気をどんどん使うから火力発電に頼る日本では燃料が必要になる。
水素といってもまだまだ途上・・・
SDGS17項目169の取り組みを行う事をわが社は宣言しようと活動しているのですが
計画を策定しているうちに心の中に大きなギャップが生まれてきました。
しかし、わが社の「出来る事を一つずつ」をテーマに取り組んで行きます。
太陽光発電、水の循環、生ごみ処理機の導入、社用車を今はEV化
節電、節水、容器の変更及びリサイクル、浄化槽の保守メンテナンス、過剰包装
間髪材を利用した包装紙、ギフト箱、海岸線の清掃活動、蓄電池、
実行に移しまだまだ出来る事が沢山あります。
出来る事から始めます。