経営って苦しいな

2019年06月14日
楽な仕事なんてあるはずがない。
働かずに生きて行けたならそれはそれとして幸せなのかも知れません。
しかし僕はそのような選択はしません。   きっと
人の成長は恋愛と、仕事でしか向上がないと考えているからです。
人それぞれの考え方がある事は理解しています。
あくまでも僕はです。
昨今は何かあると、パワハラだ、セクハラだ、モラハラだと騒ぎ立てているが
本当に真実なんでしょうか?
マスコミが色んな形で表現をカットして、問題視するようなところだけを
報道により伝えているようにしか思えません。
明らかにおかしいと思う事は確かにあります。
しかし、騒ぎすぎである事も間違いないでしょう。
年金不足2000万円騒動も同じです。
一生懸命働いてきた高齢者がいて掛け金をかけて、掛けた金額は必ず
支給されなければいけないでしょう。
掛け金が残っている場合は遺族に支払う事などは当たり前です。

従業員のこんなことも考え、貯蓄を推進したり、退職金の事を
考えたり、その為には利益が絶対に必要となります。
利益を上げる為には行動を重視し、生産性を上げていかなければ
なりませんが、人はそれほど頑張ろうとはしないのかも知れません。
必死でやっている、一生懸命やっているという人ほどさほど頑張っていないようにも
思います。

大きな企業がある一定の時期を過ぎると利益が減り大きな社会問題となっています。
戦後より日本の経済を支えてきた企業が海外企業の子会社となり
日本の培ってきた技術を奪われてしまっています。
グローバルに考えればこれも必要な事であろうと考えています。

僕は経営陣がふんぞり返っているようでは企業は成長して行きません。
一緒になって働き、言い訳をせずにひたすら働く、そんな姿勢が必要で
姿勢だけなら絵に描いた餅、行動せよです。
だから従業員よりもっと考え、もっと悩み、もっと苦しんで解決をする。
それが経営者である限り、休みなく働かなければいけないと僕は古いかもしれませんが
そう考えて行動しています。
でも、体力は間違いなく落ちてきています。
努力が足りませんね。