中小零細企業

2018年12月15日
それぞれの基準の中で中小企業、大企業には定義があります。
売上高、従業員数などで分けられてきます。
当然のことながらわが社は、中小の中でもランクがあり中の下位に
属します。
中小企業の苦しみ、大企業の苦しみというそれぞれに問題はあると思います。
地方の中小は、皆が頑張り汗水流し、知恵を出し
頑張っているのですが、黒字倒産という企業も多く人口減少の影響を受けやすい
状態である事は間違いありません。
しかも所得が低いために、消費の拡大につながらず適切な投資も出来ないで
機会損失になっている局面もあるでしょう。
労働する若い世代は都会にあこがれ、地方を去り、離れたくなくても
地方に魅力を感じられなくなるのでしょう。
法人なりして10年が経過して苦しみ自体は変化してきていますが
足りない事ばかり、きちんとした環境で従業員教育が出来ない
育てるには資金と時間がかかる。しかし経営はぎりぎり・・・
育てる余裕がないから、経営者がそれを埋めなければならない。
だから人が育たずいつまでもしんどい経営になる。
分かっていても、今日の収入、今月と小さなところばかりを見てしまう。
わが社は天候で大きく売り上げが左右される。
少し貯金が出来たとしても、一気に不足に陥ったり
順調に伸びていても、トラブルが起きたり、資材の高騰
原材料の保管、何もかも後手後手に回ってしまう。
需要と供給のバランスが悪い。
働く仲間に考えてくれという事は出来ません。
経営者と同じ視点で物事を見てくれる人はいないでしょう。
理想は言えます。
理想を現実にしていくためには、絶対的に利益です。現金です
これが現実。
一生懸命利益を出すために、業務を行う。
必死でやりくりをして、営業利益500万円と仮定して、立派な金額です。
営業利益がマイナスの会社もきっと多い。
ただし、月に42万円程度の利益ですよ・・・
器械の取り扱いを間違えました?機械が動かなくなりました?シャッターが下りなくなりました?
全て不注意です。
修理代30万円。シャッター25万円、これで一か月の利益がなくなる。
人の物は大切にしない。もったいないと考えない、無駄な電力を使っても平気・・・
こんなことを考えるのは、経営者だけなんです。
大企業になりたいわけではありません。誰か同じことを考え取り組んでくれるような
従業員がいてくれれば、ストレスがなくなり良い会社が出来てくるのではないでしょうか。

事業を営む中で

2018年12月12日
不満があるわけでもなく、足りない物は自分の力だけ。
と考えます。
わが社の弱点でその他には、設立年数の若さによる信用(実績)
がやや少ない事。
自己資本が少なく、取り扱う商品の季節変動と、気候に大きく左右される事。
だからこそ、世界に目を向け健康志向の訴求に努めています。
わが社はベンチャー企業ではありませんが、成長性のある企業だと思います。
ベンチャー企業という明確な定義はないもの一般的にはIT産業系が多いのでしょう
わが社は若い企業であり、食品製造の新しい分野の製造を意識して
食文化の新しい提案を試みている。
ファンドよりの投資を受けている訳でもありませんが
新たな事業展開は検討しています。
100年続く企業を目指したいと始めた事業ですが、跡取りもいない状態で
100年理念を共有してくれる人材育成も出来ていない状態である為に
自分が働ける時間を目標として今後の事業を検討していかなければ
ならないでしょう。
健康で働ける自分の時間は20年あるでしょうか
一生懸命に働いて、「いい食材、調味料であった」と言われる
商品を作り続けたいと思います。

運を引き寄せる

2018年12月11日
僕の人生は本当に、運に支えられて来ているとつくづく感じています。
小さな時より、引っ越しをすると氏神様にお参りに行き
先祖の墓参り、実家のお仏壇に手を合わせる。というような
一般的な事はしてきたように思いますが、すごく偉いおじいちゃん
に守られていると聞きます。
自己の成長や、知識、頭の悪さは仕方ないにしても
目の前の出来事には必死で取り組んできたと今は思っています。
人並みに、努力をして必死でしてきたこと、先祖から受け継いできた
少しは感性が強い事が今の僕を支えてくれていると感じています。
運も実力のうちとはよく聞く言葉ですが
本当に小さい時より運だけは良かったような気がしています。
本当に困った時に、なぜだか助けてくれる人が現れる。
死にかけそうになった事故でも(友達は死んだと思ったらしい)無傷
和歌山の海で沖合まで出ておぼれかけた時、不思議に足が地について
命拾いをしたこと。病気になっていた中学時代に爺ちゃんが夢枕に
立ち僕の胸を煙管で触ってきた。
生きている爺ちゃんにあったことはないのですが、その話をした光景を聞き
知らないはずの爺ちゃんのしぐさを話す僕に父が、すぐに病院に行けと
言われて、母と病院に行ったら長期治療が必要な事態に。
傷害事件を起こして会社を首になりかけた時、助けてくれた上司。
運だけで出世をした以前の会社。人とのめぐり逢い。
本当に運だけは超一流である事は間違いないと感じています。
運だけで生きていけるはずもなく、力をつけなくてはなりません。
僕にとって、気が付いた時に宗派も何も分かりませんが、氏神様と
先祖の墓参りをして、感謝を伝えているだけですがこれしか思い浮かびません。

必死で生きる事、出来る出来ないは別としても、人の役に立とうとしている
取り組み、バカは汗を必死でかく事。必死で働く事。
戦後の日本を支えてくれた団塊の世代の先輩が残してくれた精神を受け継ぐこと。
時代は変われど、そんな人たちのお陰で今日の日本がある。
進め方、手段は違えども、時代の背景と共に前進していく事を目的に
これからも、幸運を与えてほしいと神様にお願いしています。

藁焼き塩

2018年12月10日
高知県で大変有名になっている藁焼きたたき。
カツオを高温の藁焼きにして食べるという人気の商品です。
しかしこの調理はどこでも焼けるわけではなく
高知県特有の物であり、ビルの中にあるようなレストランでは
消防法やダクトの問題があり到底調理する事は出来ません。
藁で焼くカツオや魚、肉は大変香ばしく美味しく感じてしまいます。
昨日も、2月に来る専務が住宅探しに名古屋から来てくれていました。
昼にカツオを食べに行きました。
カツオのバラツキはあったものの、非常に美味しく感じましたし
専務も喜んでくれていました。

この藁焼きをもっと普及する事が出来ないかと考え
現在、藁焼き塩と炭焼き塩を開発しています。
調理場で簡単に塩を振り、バーナーでさっと焼くだけで
炭の香り、藁の香りをつける事が出来ないかという商品です。
簡単にいくわけでもなく、試行錯誤を繰り返していますが完成
を絶対にさせます。
2月から売り出す、野菜スープ3種、ベジタブルカレーと共に
ヒット商品を作り上げたいです。

太りすぎた僕

2018年12月08日
最近撮った写真です。太りすぎてこのざまです。
お腹周りが特にすごく94センチになりました。
皆に太りすぎと言われますが、ストレスですねきっと。
来年からは今以上に大変になるのできっと痩せるとは思いますが
中年太りの真っただ中。
仕事が終わり、ご飯を食べてすぐに眠ってしまう事がいけないのでしょう
節制していきたいと生きていき、皆のと目になる事をしていきたいと思います。

悔いのない人生?

2018年12月08日
悔いのない人生を送る事が出来たなら本当に幸せなんでしょう?
いつも失敗ばかりで、ああすればよかった、こうしたらよかった
と反省ばかりの毎日で、同じ失敗をしないようにと頑張っていても
また同じような失敗をしてしまう。
毎日笑っていようと心がけても、思い通りにいかない事で
イラついてしまう。
ストレスという物を体験したことはないと思っていたが
最近ではこれがストレスと云うものかと感じる事があります。
56歳になり残りの人生を考えるようになってきました。
人生設計を立て、少しでもやり残した事がないように生きていきたいと
思いつつ、思うように進んでいない事が沢山ありすぎる。
父が亡くなり、後悔ばかりしている。
その分、母にと思い親孝行を少しでもしたい。
でも、本当は父の時と同じような事でしか毎日。
僕にも家族がいるので、母の近くにいつも寄り添う事が出来ない。
毎日のように仕事に来てくれている母も82歳。
足が痛くても、手を骨折していても、野菜に手が負けて腫れあがっても
仕事に来て、多分息子の為と頑張ってくれているのです。心でいつも気に留めて
やさしい言葉をかけてやりたい。でも言えない。
「おかあ、今俺が一番やりたいことはおかあを大事にする事」と言ってやりたい。
うちに従業員全員が本当に大事にしてくれ、皆お母ちゃんお母ちゃんと呼んでくれる。
顔を見ない日は、実家を覗いてくれる従業員までいる。
旅行に行って、僕に土産がなくてもうちのおかあには買ってきてくれる。
これも、親孝行になるのかな?
こんなことが今の僕にって一番大切な事であり、おかあの安らかな笑顔を見ている
事が一番の幸せであるかもしれません。
後悔のない人生はないのかも知れませんが、後悔の少ない人生にしたいと思います。

やりきれない気持ち

2018年12月07日
殆どの人たちが一生懸命真面目に働き、正直に商売をしていると思います。
一部の犯罪を犯す行為で、普通に業務が出来なくなります。
今回の事件でも取引先よりの問い合わせが多く
作業を止められてしまうという事が起きています。
生姜を取り扱うメーカーも真面目に取り組んでいる事と思いますが
風評被害とはこのような事を云うのでしょう?
わが社も自己責任として、取引先のメーカーをきちんと監査していかなければ
いけませんが、ひょっとして限界もあるのかもしれません。
人間は、特に日本人は性善説で生きており、疑いからのお付き合いはないと考えます。
その中で今回のような事件は許されない事であると考えます。
確かにグレーゾーンな部分は法の解釈の違いである事もあるでしょう?
ただし嘘はある意味での犯罪であり、許されない事です。
生産量日本一の高知県にとっては大打撃であり、この師走の忙しい時に
会社の社員の人たちも大変な思いで、回収に当たっていると聞いています。
他人事と思わず自分の足元をしっかり見て業務に邁進します。

しかし、9年前に西村青果を紹介され、価格の安さからサンプルを頂き
商品を確認させていただいたことが確かありました。
僕は商品をみて色の悪さと、保存状態の悪さで
値段ではない、味と香りが大切だと思い、お断りしたことを
思い出しました。
商品と、そこで働く皆さんの創意で商品は成長していきます。
僕の目に狂いはなかったと思い、一部では安心しています。

寝言

2018年12月06日
僕の下の娘は小学4年生。
歯ぎしりと、寝言がとにかくすごい。
たまには下でテレビを見ている部屋まで聞こえる声で
怒りだす。
慌てて二階に上がると、ベットに立ち上がり怒っている。
びっくりして、「どうした」と声をかけると
寝ぼけていて、また寝てしまう。
素晴らしい娘である。
ところが、それに輪をかけて僕もかなり激しい寝言を言うらしい。
いつも大体が「申し訳ございません」と立ち上がっていうらしい
昨晩は、子供と僕が会話をしているように二人で話し込んで
いたようで、家内が早く寝なさいと叱ったらしい
何も言わない二人をみて「あれ寝てる」と笑いが止まらなかったようです。

寝言ってなんでいうのでしょうか?
たいがい僕は仕事を夢の中でしているそうです。
ひょっとして、働き者なのかもしれません

生姜の産地偽造問題

2018年12月04日
高知県内でご存知な方も多いとは思いますが
本日、大々的に報道がありました高知市伊野町の
西村青果が県警の摘発を受け社長が逮捕されるという
事件がおきました。
早い段階より操作は行われていたようですが
従業員の皆さんは大変な思いをしているでしょう。
関係ないとまでは言えませんが、こんな時一番悲しいのは
従業員、その家族だと思います。
取引先やその商品を買ってくれたお客様に対して、儲ける為とか
意味が分かりません。

わが社では
西村青果様とは一度も取引もありませんが皮付き生姜のスライスを
見たことがありましたが、色が黒くあまりいい印象を持っていませんでした。
現社長のお父さん(会長)は今年この事件でなのかわかりませんが
自殺をしていたと知りました。
利益の為に人様をだますようなことはあってはなりません。

わが社も高知県産の生姜を別の取引先より購入しています。
産地証明をいつも頂き、工場視察などもするのですが
再度気を引き締め、取引先との関係を密にしていかなければなりません。

他人事ではなく、自分たちが真面目に製造していても、その先で
起きている事です。
わが社も、フードディフェンスの観点からも
しっかりとした監査項目を強化させ調査していきたいと思います。

子供たちの未来

2018年12月03日
時代は流れ昭和、平成、?と三つの時代を多分生きるであろう
自分たちの時代。
31歳の若者はきっと四つの時代を、いや五つの時代を生きるかもしれない。
2020年には空飛ぶタクシーが誕生するのではないか?
自動、無人タクシー・・・
すごい時代がやってきます。
海外でも地下高速などの試験運転も始まり想像が出来ない時代へと進んで
行くでしょう。
そんな時代を生きていく子供たちの未来はどんな事になっていくのでしょうか
不安というより、僕などは時代についていけない。
AIの進化
きっと時代にあった考え方を持ち、強く生き抜いてくれるであろう
従業員の子供たち。
気候温暖化により食料危機も訪れるであろうが、食べなくても飲む食料が
誕生して満足感を感じる事が出来るのでしょう
今は、そんな時代が本当に幸せなのだろうか?
わが子の寝顔を見ていて不安にしかなりません。
きっと獲りこし苦労でしょうが・・・・

多くの海外出張

2018年12月02日
2018年も終わりに近づき今年も多くの海外出張に行きました。
1月のハワイを皮切りにアメリカ、台湾、シンガポール、フランス、ジャカルタ
国としては5か国ですが、やはりアメリカを中心に販路拡大しているだけに
アメリカへの出張は格段に多くなります。
来年度は集大成の年と考え、大きな判断を下すと決めてはいますが
今回の出張でも、中国、韓国、台湾、香港、タイ、フランス、ジャカルタ、
ニュージーランドなどが新しくスタートする。
海外戦略は、入りことよりも維持する事が難しい。
導入されて棚に無くなっていようが、欠品していようが関係なく補充を
してくれません。
発注もいい加減で、先出、先入れをしてくれません。
それは国柄なので仕方がなく、このことをいくら現場で話をしても
問題解決にはなりません。
現地に従業員を配置しなければ難しいと、海外で勤務する特派員に
言われます。
分かってはいても中小企業には限界もある。費用を少なく最大限の効果を
得る為に試行錯誤してはいますが、大きな結果を生み出すことは出来ません。
少しずつ右肩上がりで進んでいる海外戦略は難しくもありますが、刺激にも
なります。
自分の人生、会社の未来を考えて行動はしていますが国によっての
問題点も多く、簡単ではありません。
レストラン事業の事もあります。
向上心だけは強く持っているので、世界の料理を食べ歩きます。
美味しい、美味しくないの評価などしていても前には進めません。
お客様が多く来店しているお店、長く営業をしているお店が地元で評価
されている店であり、その土地でビジネスをする為には、我々が味を合わせて
行かなくてはいけないのです。ビジネスの規格的には日本人は優れています。
しかし、海外の多くの皆さんはやりたくても出来ない環境にある事は
技術的にも無理な事です。
慣れもあるでしょうが、いくら本物と呼ばれる日本食を追求しても多分広がりを
見せる為には相当な苦労が必要でしょう。
価格の問題しかり・・・
2019年今までとは違う取り組みで、海外販路で結果を日本と同様作り上げる
覚悟をしています。

沖縄商談会

2018年12月02日
26年ぶりの沖縄へ3泊で行ってきました。
商談会場と宿泊先の往復しかいつもしないのですが
ジェトロの方やいつもお世話になり、経営の話をする
タナカショクの社長が今回一緒でしたので多くを学んできました。
変化の激しい昨今の市場をどう乗り切るのか・・・
世界をマーケティングするための合理性
従業員教育、高知の経済を中小企業としてどのような形で
支援、頑張らないといけないのか
とんでもないような大きな話をしていたように思います。
沖縄の経済が、軍事基地がある事で恩恵を受けていることも事実。
空港の大きさ、道路整備、環境が大きく守られている。
食生活というか、食するものも26年前よりも今の本州に味が近くなり
昔食べた、臭いのある食料が少なくなってきているとも思いました。
何より、お米と味噌汁が本当に美味しい・・・
美味しいというより僕には味が合うという事ですが、以前は申し訳ないくらい
食生活が合わないと感じていた沖縄です。
ホテルが国際通りの近くであったこともあり食事は3人で色々な所に足を向け
沖縄を感じてきました。兄弟で南大東島より民謡活動をしている方
夫婦で取り組んでいる皆さん。どこの店でも沖縄民謡や歴史を、文化を
伝えていることに関心をしました。
商談も2日間で12件ほどと少ないように感じるかもしれませんが
そのうちの10件は大きく動き始める商談になったと確信も出来るまで
詰めた話が出来ました。本当に勉強になった沖縄4日間でした。
出会えたバイヤーの皆さん、いつも海外でお会いする企業の皆さん、現在取引を
して頂いている皆さん、ありがとうございました。